2007年08月31日

「愛犬のお手入れ講習会」

ちょっと遅れてしまいましたが・・・・。

先日、Paw'erによる第4回レクチャー「愛犬のお手入れ講習会」が行われました。

我が家のイタズラ小僧・あいびーはトリミング犬種。
自称・「お手入れにはちょっとうるさい飼い主」としては復習のつもりで
張り切って参加してきました。
かなり長くなりますが、とても勉強になることなので最後までよろしくお付き合いください。


まず最初に、トリミングと、グルーミング
日本では「お手入れ」のことをトリミングと言う言葉の方が一般的になってますが、
「トリミング」とは形を整えるというのが本来の意味。
シャンプーやブラッシング、爪切りや顔周りのお手入れや足裏のカットなど
愛犬が快適に日常生活を送っていけるように手を入れてあげることをグルーミングと言います。

グルーミングは、愛犬の体の隅々まで触れることでもあります。
毎日愛犬の体に触れることで小さな異常を早期発見できたり、
スキンシップをとることで心も満たされ、
また正しいお手入れ方法により一番大切な愛犬の健康状態を保持できますね。


まず、正しいお手入れのためには知っておかなければならない大切なことがいくつか。
犬の皮膚は非常に薄くてデリケート。だから豊富な被毛で覆われているのですね・・。

そして「被毛」について。
被毛は大きく分けて、3層構造になってます。
表皮 〜キューティクルの名称でおなじみですね。
    被毛の内部をウロコで守っています。
皮質 〜コーテックスと言って、繊維が集まった組織。
    被毛の水分をコントロールしています。
髄質 〜メデュラと言って、中は空洞。
    空気で満たされ、断熱・保温の役割をしています。

お手入れで大切なのは、表皮〜キューティクルを守りつつ汚れを落とすことなのですね。
人間の髪も同じことですが、「毛」を水に濡らすことにより
キューティクルはもろく剥がれやすくなってしまいます。
キューティクルが剥がれると内側のコーテックスが破壊され、水分を保てなくなり
所謂「傷んだ」状態になってしまいます。
髪も被毛も死んでいる組織故、一度傷むと修復は不可能。
皮膚も弱い犬たちは、被毛が傷むことは即皮膚トラブルにも繋がります。
キューティクルを守ることはとても大切なことなのですね。

人の髪や犬の被毛を守っている皮脂は、常に弱酸性(PH5前後)
PH5前後という状態が一番雑菌や細菌が繁殖しにくいんです。
ということは、使うシャンプー剤も当然弱酸性(PH5前後)が良いということになりますね。
特に、犬の被毛は人の髪の毛に比べかなり細くて弱い。
つまり、それだけデリケートだということです。
扱うシャンプー剤も、より安全性の高いもので
酸化しやすい油分などが過剰に入っていないものを選んであげて欲しいのです。

ここで、危険なシャンプー剤について・・・。
危険なシャンプー剤・・それはアルカリ性シャンプー剤です。
アルカリ性のシャンプー剤はとても洗浄力が強いのが特徴。
洗浄力が強すぎて被毛の主成分であるたんぱく質を破壊し、パサパサした乾燥状態に。
そして雑菌が繁殖しやすい状態になり結局は皮膚トラブルまで招いてしまいかねません。
白毛用シャンプーと謳っているものは、ほとんどがアルカリ性で
とても強い洗浄力のシャンプーで
青い色をしているもの が多い。
これは、青い色素を配合してより白く見せようとしているものなのです。
青い色素・・・当然、犬たちの体に良いわけがありません。
白毛用となっているシャンプーには要注意です。

シャンプーが終わったら当然リンスは必要です。
シャンプーされた「毛」は所謂裸の状態。
むき出しのキューティクルでは外的刺激に耐えられません。
長毛・短毛に関わらずリンスは絶対必要です。
もちろん、皮脂と同じ弱酸性のものを・・・ね!

弱酸性で安全性の高いシャンプー剤(リンス含)とは?
講師であるのらのらさん推奨のシャンプー剤はラファンシーズです。
(因みに我が家ではずっとラファンシーズを使ってます)

ここで多くを語るよりこちらをクリック

company_sub.gif


我が家では、あいびーにずっとラファンシーズのシャンプーを使っています。
使うときは、シャンプー剤を約3倍に薄めて使っていますが、
残ってしまった場合、私の髪に使っているんです(のらのらさんお奨め)。

えぇ〜〜〜っ! 犬のシャンプーで洗って大丈夫なの〜〜??

って、私も最初はかなりひき気味でした。
でも、実際自分で実験してみてその良さがわかります。
(人間用としては3倍に薄めたシャンプー剤は薄すぎですが・・)
すすいだとき、あぁ、余計なものが入っていないんだなっていう印象。
リンスも必要以上にベタベタヌルヌルせず、とても軽い印象ながら、
しっかり髪一本一本がコーティングされているのがわかるんです。
このシャンプーなら私の髪よりデリケートなあいびーの被毛を預けて大丈夫!と思えましたよ。

さて、せっかく「ラファンシーズ」を使っても正しくシャンプーできていなければ
何にもなりません・・・。
次は正しいシャンプーの仕方・ブラッシングやドライングの仕方、
正しい道具の使い方などプロの技を実演していただきます!


プロによる実演シャンプーSHOW

ニックネーム まりも at 01:15| Comment(9) | TrackBack(0) | がんばれ!飼い主 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする