2007年08月31日

「愛犬のお手入れ講習会」

ちょっと遅れてしまいましたが・・・・。

先日、Paw'erによる第4回レクチャー「愛犬のお手入れ講習会」が行われました。

我が家のイタズラ小僧・あいびーはトリミング犬種。
自称・「お手入れにはちょっとうるさい飼い主」としては復習のつもりで
張り切って参加してきました。
かなり長くなりますが、とても勉強になることなので最後までよろしくお付き合いください。


まず最初に、トリミングと、グルーミング
日本では「お手入れ」のことをトリミングと言う言葉の方が一般的になってますが、
「トリミング」とは形を整えるというのが本来の意味。
シャンプーやブラッシング、爪切りや顔周りのお手入れや足裏のカットなど
愛犬が快適に日常生活を送っていけるように手を入れてあげることをグルーミングと言います。

グルーミングは、愛犬の体の隅々まで触れることでもあります。
毎日愛犬の体に触れることで小さな異常を早期発見できたり、
スキンシップをとることで心も満たされ、
また正しいお手入れ方法により一番大切な愛犬の健康状態を保持できますね。


まず、正しいお手入れのためには知っておかなければならない大切なことがいくつか。
犬の皮膚は非常に薄くてデリケート。だから豊富な被毛で覆われているのですね・・。

そして「被毛」について。
被毛は大きく分けて、3層構造になってます。
表皮 〜キューティクルの名称でおなじみですね。
    被毛の内部をウロコで守っています。
皮質 〜コーテックスと言って、繊維が集まった組織。
    被毛の水分をコントロールしています。
髄質 〜メデュラと言って、中は空洞。
    空気で満たされ、断熱・保温の役割をしています。

お手入れで大切なのは、表皮〜キューティクルを守りつつ汚れを落とすことなのですね。
人間の髪も同じことですが、「毛」を水に濡らすことにより
キューティクルはもろく剥がれやすくなってしまいます。
キューティクルが剥がれると内側のコーテックスが破壊され、水分を保てなくなり
所謂「傷んだ」状態になってしまいます。
髪も被毛も死んでいる組織故、一度傷むと修復は不可能。
皮膚も弱い犬たちは、被毛が傷むことは即皮膚トラブルにも繋がります。
キューティクルを守ることはとても大切なことなのですね。

人の髪や犬の被毛を守っている皮脂は、常に弱酸性(PH5前後)
PH5前後という状態が一番雑菌や細菌が繁殖しにくいんです。
ということは、使うシャンプー剤も当然弱酸性(PH5前後)が良いということになりますね。
特に、犬の被毛は人の髪の毛に比べかなり細くて弱い。
つまり、それだけデリケートだということです。
扱うシャンプー剤も、より安全性の高いもので
酸化しやすい油分などが過剰に入っていないものを選んであげて欲しいのです。

ここで、危険なシャンプー剤について・・・。
危険なシャンプー剤・・それはアルカリ性シャンプー剤です。
アルカリ性のシャンプー剤はとても洗浄力が強いのが特徴。
洗浄力が強すぎて被毛の主成分であるたんぱく質を破壊し、パサパサした乾燥状態に。
そして雑菌が繁殖しやすい状態になり結局は皮膚トラブルまで招いてしまいかねません。
白毛用シャンプーと謳っているものは、ほとんどがアルカリ性で
とても強い洗浄力のシャンプーで
青い色をしているもの が多い。
これは、青い色素を配合してより白く見せようとしているものなのです。
青い色素・・・当然、犬たちの体に良いわけがありません。
白毛用となっているシャンプーには要注意です。

シャンプーが終わったら当然リンスは必要です。
シャンプーされた「毛」は所謂裸の状態。
むき出しのキューティクルでは外的刺激に耐えられません。
長毛・短毛に関わらずリンスは絶対必要です。
もちろん、皮脂と同じ弱酸性のものを・・・ね!

弱酸性で安全性の高いシャンプー剤(リンス含)とは?
講師であるのらのらさん推奨のシャンプー剤はラファンシーズです。
(因みに我が家ではずっとラファンシーズを使ってます)

ここで多くを語るよりこちらをクリック

company_sub.gif


我が家では、あいびーにずっとラファンシーズのシャンプーを使っています。
使うときは、シャンプー剤を約3倍に薄めて使っていますが、
残ってしまった場合、私の髪に使っているんです(のらのらさんお奨め)。

えぇ〜〜〜っ! 犬のシャンプーで洗って大丈夫なの〜〜??

って、私も最初はかなりひき気味でした。
でも、実際自分で実験してみてその良さがわかります。
(人間用としては3倍に薄めたシャンプー剤は薄すぎですが・・)
すすいだとき、あぁ、余計なものが入っていないんだなっていう印象。
リンスも必要以上にベタベタヌルヌルせず、とても軽い印象ながら、
しっかり髪一本一本がコーティングされているのがわかるんです。
このシャンプーなら私の髪よりデリケートなあいびーの被毛を預けて大丈夫!と思えましたよ。

さて、せっかく「ラファンシーズ」を使っても正しくシャンプーできていなければ
何にもなりません・・・。
次は正しいシャンプーの仕方・ブラッシングやドライングの仕方、
正しい道具の使い方などプロの技を実演していただきます!


モデルは、講師そのっち先生の愛犬・ボーダーコリーの楓こ(ふうこ)さんです。

まずはブラッシングから。
短毛犬種以外の犬はほとんどスリッカーブラシを使うと思います。

ホームセンターなどで玉付きのスリッカーが売られているのを見かけますが・・

玉つきスリッカー.JPG

ちょっと見づらいけど、こういうタイプのスリッカーです。

実は、このタイプはブラッシング効果がほとんど無いんです・・。
皮膚にトラブルがあって通常のブラッシングができないなど特別な理由が無い限り
このタイプは意味が無さそうです。


お奨めはキンペックスインターナショナル

mark.gif

こちらのスーパープロスリッカーです。


ブラッシングを始める前に、全身にブラッシングローション(ブラッシュアップローション)を馴染ませます。
そしてこのように被毛を手で分けながらブラシを根元から当てていきます。

fukoさんの背中.JPG

fukoさんの背中2.JPG


なるほど・・・

ではみんなでレッツ♪ブラッシング♪♪


わらわら.JPG

楓こさん、ちょっと失礼・・・。


次は足裏のカット。

足裏カット.JPG

このように犬に無理の無い姿勢で肉球を上向きにし、
肉球の丸みに沿って
はみ出た毛をバリカン(またはハサミ)を動かして切っていきます。

このように姿勢を安定させてあげることが大切ですね。

足裏カットの次は爪切り。姿勢は足裏〜のときと同じです。

爪切り.JPG

爪切りには ギロチン型とペンチ型があります。
この日、講師さっちん先生は「ギロチン型」をご使用でした。
因みにのらのら先生は「ペンチ型」をご愛用。


楓こさんの爪は血管が見えないタイプの黒い爪。
切り方は少しずつ少しずつ・丸く丸く・・。


我が家のあいびーは、白く透明な爪なので血管が見やすい。
よって、私は全ての爪を「一発切り」してました(反省)
一度にバツッと切ってしまうと、犬にとってはその衝撃も伝わり、とても嫌がります。
少しずつ丸く・・切ってあげれば、犬にとっては衝撃も伝わらず怖い印象もないでしょう。
黒い爪の場合は、「黒い点」が見えたら終了です。


次にいよいよシャンプー。シャンプーで洗うことを
ベイシング
と言います。
まず、水の温度は30度前後
どのくらいの温度かわかりますか?ほぼ水です。ちょっとぬるい水。
こんなに冷たくて大丈夫?と心配になりますが、
犬の体温は高いので、人間で心地よい38度前後のぬるま湯でも熱過ぎて、犬の体力を消耗してしまうのです。
特に皮膚トラブルを抱える仔や、老犬などこの熱過ぎるお湯は厳禁です。


シャンプー1.JPG

30度の水で被毛を濡らしていきますが、犬の被毛は基本的に水をはじきます。
アンダーコートのある仔は特にしっかりたっぷり濡らしていきます。

順番は、お尻から顔に向けて徐々に。
シャワーの「シャー」という水圧を嫌がる犬は多いですよね。
シャワーをかけるときはシャワーヘッドを犬の体にくっつけるようにしてかけてあげましょう。
顔にもしっかりシャワーをかけていきますが、鼻に水がかからないように要注意!
顔周りのシャワーがどうしても苦手な仔はスポンジを使っても良いとのことでした。

しっかり濡らしたあとは、シャンプーをつけていきます。

シャンプー2.JPG

ここで使用したシャンプー剤はもちろんラファンシーズ
別ボトルを用意し、シャンプー剤を3倍〜4倍に薄めます。
(ホームセンターなどで売っている油さし用のボトルとか、100均で売っているボトルで良)
薄めるにはお湯を使った方がムラなく薄まります。

薄めたシャンプー剤を背中全体にかけ、泡立てていきます。
両手のひら・親指の付け根の下で、毛の流れに沿って犬の体を
マッサージするようにしていくと、とてもクリーミーな泡ができてきます。
(この手つきが難しひ・・)
このクリーミーできめの細かい泡こそが、大切なキューティクルを守りつつ優しく汚れを浮き立たせてくれるのです。
決してワシャワシャと被毛同士を擦り合わせるような洗い方をしてはいけません!
耳の裏も念入りに洗います。
顔にもしっかり泡を立てて洗います。

そして、すすぎ・・・

すすぎ.JPG

すすぎは、それはそれは念入りでした。
シャンプーで洗っていた時間の軽く2倍は時間をかけてすすいでいました。
お腹の下や足と足の付け根の間など、手で水を溜めるような手つきですすいでいきます。

うむ・・・。プロの手つきのようにはいかなくても
すすぎをもっとしっかりしなければいけないんだなぁ・・と反省しました。


リンス剤もシャンプー剤と同じように別ボトルに3倍〜4倍に薄めたものを使います。
体全体に優しく、しっかりなじませていきます。

そして、すすぎ。

このリンスのすすぎも長い、長い・・・。
手で水を溜めるようにして、わき腹・足と足の間・胸の辺り・お尻周りなどなど・・
しっかりしっかりすすぎます。

しっかりしっかりすすいだあとは・・・

タオル爪弉1.JPG

しっかりタオルドライです。
タオルを犬の体にぎゅっと押し付けるようにして水分を吸い取っていきます。
とうぜん、わしゃわしゃと拭いてはいけません。

タオル爪弉2.JPG

タオルで水分を吸い取りながら、犬にもブルブルさせて
水分を飛ばしてもらいます。


お次は仕上げのドライング。
ドライングのときは必ずスリッカーブラシを使います。
ブラッシングのときと同じ、タオルドライが終わったら全身にブラッシングローション(ブラッシュアップローション)
をかけてからドライング開始です。

ドライング1.JPG

このように、風を当てて被毛が分かれたところをスリッカーブラシで梳かすようにしていきます。

楓こさんはストレートヘアーですが、プードルは全身天然パーマ。
カールを伸ばすにはドライヤーの風が当たっている被毛の根元から
丁寧にスリッカーブラシで梳かすようにしていきます。
(他の部分が乾いてしまわないように濡れタオルなどをかけておくと良いです)


左半分のドライングが終わったところです。

ドライング3.JPG

写真では見づらいですが、楓こさんの背中の左半分はつやつやしてますね!


全て終了した楓こさん

つやぴか楓こさん.JPG

美人がますます美人になったでしょ〜〜?
楓こさんの爽やかスマイル。素敵です♪


これらのお手入れ〜グルーミング〜は犬の健康を保持するために、
体の異常を早期発見するためにとても重要だと言う事がわかりました。
しかし、これらのグルーミングは、犬にとっては慣れていないと「苦痛」と「恐怖」でしかありません。

最後に講師そのっち先生から「お手入れ嫌いにならないためのアドバイス」がありました。
慣れてない仔の場合最初から全部やろうと意気込まず、今日は片足の爪切りだけ・・
とか後ろ足の足裏カットだけーと言うように少しずつ慣らしてあげると良いでしょう。
ブラッシングでも、今日は背中。明日は四肢と尻尾・・というように。
人間はついつい「やらなきゃ」と頑張ってしまいますが、
「腹八分」が良いようです。


とてつもなく長い記事になりましたが、少しでも正しいお手入れの大切さを知っていただきたくて
必死に記事にしてみました。
お暇なときにでもゆっくり見てくださいませ・・。


こちらも参照してくださいね

banaapawer.jpg

【がんばれ!飼い主の最新記事】
ニックネーム まりも at 01:15| Comment(9) | TrackBack(0) | がんばれ!飼い主 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ウチもずっと自分のうちでやる場合はラファンシーズをつかってます。
このごろやっと3キロのあんあんのほうだけは自分でもできるようになってきました。
でも、顔、と言うより頭全体が怖くてできない・・
それにしてもびっくりです。今回はじめて知ったことばかり。
そして今晩さっそく自分の髪を使ってためしてみようかとおもいました。
Posted by みんみん at 2007年08月31日 10:51
おぉ!!
何と連日の更新!!
のぞきに来て良かったです。
なるほどの連続ですね。
実は娘がトリマーさんに興味を持ち始めて、変な大学行くより専門学校へ行って暫く修行したら佐渡で開業しようかなと言い始めてますので興味深く母子で読ませていただきました。
ほぼ我が家でやってるのと同じですが、ビミョーに細部で違うので参考になりました。
と言いながらも最近は面倒で2ワン一緒にドリャーとやっちゃってますけどね(^▽^;)
Posted by ちゃあ at 2007年08月31日 21:01
こんにちは(*^_^*)
更新されていて嬉しいです。

毎日のお手入れ、大切ですよね。
私もラファンシーズ使っています。
涙焼け防止もこのシリーズです。
爪きり・・・先日獣医さんに切っていただいたら、うららは大量出血(T_T)
一発で切っていました・・・
この記事を獣医さんに読んで欲しいです。
Posted by REON&うららママ at 2007年09月01日 07:16
我が家もラファンシーズ使っています。
こうやって改めて読み返すと、なるほどという部分がたくさんありますね。とっても勉強になりました!
Posted by 浮雲の相方 at 2007年09月01日 23:41
サッカー みんみんママさん

顔って濡らすの怖いですよねー。うちでは鼻さえ入らなければ大丈夫って感じで結構大胆に洗っています。怖いなーと思ったらスポンジを使った方が良いみたいですね。うちでは犬1匹に大人二人係りですよぅ・・・。


サッカー ちゃあさん

おぉ、娘さんトリマーさんを目指していらっしゃるのですね!楽しみですね〜。シャンプーのときはラム・サリちゃん一緒!うちは暴れ犬1匹なのに大人二人係りで相当疲れます(笑)問題はあいびーが暴れるのではなく、飼い主の手際の悪さってことで・・はははは〜


サッカー REON&うららママさん

ラファンシーズを使ってらっしゃる方が多くて嬉しいですね^^ 涙焼け、うちは仔犬の頃はちょっと目立ってましたが顔バリ&手作り食にしてから全く涙が出なくなりました。忘れた頃に「あ、目ヤニ・・」って感じで顔(汗) 毎日のお手入れって大切だなって再認識しました。最初は上手にできなくてもスキンシップを目標にして行くことも大切ですよね^^ って・・うちでは未だに歯磨きが上手くできませんけど(涙


サッカー 浮雲の相方さん

浮雲家でもラファンシーズでしたか!うちもシャンプーの度に「練習」しているようなものですが、これからも頑張って洗って行こうと意識を新たに致しました。
Posted by まりも at 2007年09月02日 01:13
そうそう、わんこ用のシャンプーやリンス?・・・ってあなどれないよね〜
私も前にトリートメントきらした時プリンの使ったら
あらまあ、髪がツルツルサラサラになりましたことよ〜顔(イヒヒ)
今うちもラファンシーズ使ってるから今度試してみようひらめき

うちはね、2ワンともブラッシングが問題なの〜ふらふら
スリッカーブラシの使い方が下手でね〜
すっかりブラッシング嫌いのわんずですよ・・・犬(怒)
お手入れ、自己流だったからすごい勉強になったよ〜
とにかく大雑把だったからこれからもっと丁寧にしなくちゃ〜
まりもさん、ありがと〜わーい(嬉しい顔)
Posted by ともち at 2007年09月02日 01:35
まりもさんお久しぶりです〜♪
更新楽しみに待ってました。
あいびーちゃんも元気で健在ですね。
嬉しいよぉ〜。

まりもさん相変らず勉強熱心でとてもためになります。
今回のシャンプーもすごく興味深かったです。
我が家もラファン使っていますし、シャワーの温度も32・3
ぐらいにしていたので反省です。
これをふまえてシャンプーしてみますね。
ありがとうございました。
Posted by ぷりんママ at 2007年09月03日 11:54
ラファンシーズ、うちも使ってます。
でも、シャンプーの仕方とかはやっぱり今の私のやりかたではダメですねぇ。。。
ガサツすぎて(-_-;)
色々参考になることがあったので、次回シャンプー時は是非参考にさせていただきたいと思います。
意外にこういう知識って本にも書いてないですよね〜。φ(゚0゚*)ホォホォφ(。_。*)メモメモφ(゚o゚*)フムフムφ(。_。*)カキカキ
Posted by marimo at 2007年09月03日 14:20
サッカー ともちさん

お手入れって、自分でやるとどうしても上手くできなかったり・・難しいですよねー。私は、ブラッシングとかシャンプーは実は好きなんです。ただし、あいびーがじっとしていてくれたらの話たらーっ(汗) うちもブラッシングは最初すっごい大変でしたよー。それなりに高さのあるテーブルの上でやってるってのに暴れ放題で、何度か落下がく〜(落胆した顔) もう、うちもお手入れ以前の段階で結構苦労しましたよぅ。今は一応ブラッシングくらいはできるようになりました。私はすごい不器用&上がり症なので何か始めようとするとすごく嫌がられます。あいびーに顔(汗)


サッカー ぷりんママさん

ご無沙汰しております〜。うちもずっとラファンだったけどどうも正しいシャンプーの仕方じゃなかったみたいで仕上がりは何となく爆発気味なんです(笑)シャンプーの温度、本当に水です。何となく以前から知ってはいたのですが、実際に経験してみるとびっくりだらけでとても楽しい講習会でした。シャンプーの仕方一つで仕上がりも別犬のように変わるらしいです。まぁ、素人にはそこまではできませんけど、日常のお手入れの大切さはとても感じました!


サッカー marimoさん

確かにいくら教えてもらってもプロのようなシャンプーはできないけど、泡の立て方やすすぎのやり方の感じなどまねできるところはたくさんありました。シャンプーは嫌いじゃないので見てるのが面白かったです!ただ、ブラッシング一つにしても間違って覚えているところが多くてびっくりでしたよ。可愛いワンのためだから大切なお手入れも楽しくやっていきたいですよね!お手入れ講習会はまたいつかあるみたいなのでご都合がよければ出てみましょう♪
Posted by まりも at 2007年09月03日 16:20
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1053216
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック