2006年07月16日

犬の健康と手作り食

・・・・・とちょっと難しいタイトルをつけてしまいました・・・・・

手作り食に切り替えてから約1ヶ月が経ちました。
あいびーは相変わらず、簡単(手抜き)おじやを食べ続けています。
実はこの1ヶ月の間、きちんと栄養のことを勉強もせずに始めてしまったことを
ちょっと後悔してみたり、このまま続けて大丈夫だろうか・・??
と少し迷いながら続けていました。

それは、生後4ヶ月〜5ヶ月というあいびーにとっては大切な大切な
成長期にあたる時期である・・・ので。
事実、栄養バランスという観点から見れば私が日々あいびーに作っているおじやは
AAFCOの基準も満たしていなかったりするかなりいい加減なもの。

ここは腰を据えてあいびーの体調・フンの状態・体力をよく観ながら
少しでも「おかしい」ことが起こったら考え直そうという暢気なスタンスで
この1ヶ月を過ごしていました。


しかし・・・あいびーは日毎パワフルにたらーっ(汗)そしてタフな男に成長して行く・・・。
こちらの苦悩などお構いなしに、気がつけば朝・夕それぞれ1時間の散歩も楽々完歩(完走?)し
少々暑すぎる時間帯に出発してもバテてるあいびーを見た事がないたらーっ(汗)
(これ以上は、こっちの身がもたぬ・・)

そんな昔のコントの繰り返しみたいな日々を過ごしていた折、
私が手作り食をするにあたり、唯一参考にしている「須崎恭彦獣医師」による
「犬の手作り食と健康について」の講演会が、ここ恋の町札幌黒ハートで行われることに・・。
何と言うグットタイミングっ!
2時間の内容でしたが、私にとってはとても興味あふれる内容でした。
全ては語りつくせませんが、印象に残ったのは

大切なのは栄養バランスではなく
充分な運動による酸素 と 老廃物や毒素を排泄するための充分な水分
であるということ、

肉や魚を適当に摂取できていれば、必須アミノ酸は取れるし
少々の塩分を取りすぎても、Na(ナトリウム)は 野菜に含まれるK(カリウム)と
一緒に充分な水分で難なく体外に排出できる

と言うことです。

須崎獣医師のこのお話は、とても斬新・・だと思います。
おそらく、日本全国の獣医師さんはこの内容に?マークでしょう。
(近所の獣医師もドライフード派です)
自然治癒力を高めるという立場は、西洋医学的な立場とは正反対ですから・・・。

斬新という言葉を使いましたが、実はとてもシンプルなことですね。
簡単に言うと、昔の犬のごはんです。
究極は、あの昔懐かしい味噌汁ぶっかけごはん・・でいいのです。

ごはん と 肉or魚 と 野菜 と たっぷりの水

基本はこれだけです。

たとえば皮膚湿疹はもっとも軽い「病気」だそうです。
これも体に溜まった老廃物や毒素が上手に排泄できずに起こるトラブルだと・・。
薬で抑えることはできても、根本は解決しない。
根本とは老廃物や毒素を体外に排出できる体を作ることだと・・・。

手作り食については、その内容について又それぞれの立場で
これからも賛否両論あるでしょう。
私は、これが絶対正しいとは言いたくありません。
私が一番大切なのは、あいびーの健康ですから・・・・・。
あいびーの健康を守るため、自分が一番納得のいく方法を選び続けていくだけです。

ニックネーム まりも at 14:35| Comment(17) | TrackBack(0) | あいびーのごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほど〜!
自分は面倒なのでドライフード派なのですが、とてもシンプルなお話でフムフムと興味深く読んでいました。
特に、最後の「皮膚湿疹」。これはなるほどねって感じで。と言うのも、自分も肌が生まれつき強い方ではない人間。(これでも繊細な人物でございますよぉ←これ、重要ポイントね 笑)
結局、ワンコであろうが、人間であろうが辿り着く所は一緒な気がしました。
基本的な生活習慣(食事・水分・運動・睡眠etc)の基盤を日々作ることが健康維持に繋がるんですよね。
自分にとって実のあるお話でした(^-^)b感謝!
Posted by 浮雲 at 2006年07月16日 16:50
2時間あっという間の講演会でしたね!
手作り食の教祖的な話しなのかもと思っていたら…全く違ってましたね。
基本中の基本、私たち動物が健康で生きていくためにはというお話し。
簡単で便利な世の中になる反面で、現代病が増えていく…
食事もお手入れもシンプルがよいということがわかりました。
トイ・プーは疾患が多い犬種ですから健康維持は第一に考えて
いかなければなりませんね。
あっ!でも今のあいびーくんを見ていたら、病気のほうが
負けて逃げていくかも…(笑)
Posted by のらのら at 2006年07月16日 17:14
とても興味深く読ませていただきました。
うちは市販のフードだけなのですが、シンプルな考え方になるほどなぁ〜と納得してしまいました。
どんなにいろんな栄養を考えてフードを与えていても運動も大切なんですよね。
運動不足では意味が無い・・・運動での酸素が必要、もっともですよね。
あいびーちゃんは今のところ何の心配もありませんね♪
ほんと男らしいなぁ〜あいびーちゃんってば!そのパワフルわけて下さい。

Posted by ぷりんママ at 2006年07月16日 22:57
素晴らしい飼い主さんだと思うわ〜
見習いたいくらい・・・
私はドライのみなので、これで良いのかな?って思っちゃうけど・・・
一番は愛情で、飼い主がよしと思ってやってる事が一番かな?って思います。
講演会を聞けて良かったね〜
一生懸命聞いてる姿が目に浮かびます。
Posted by CHANEL at 2006年07月16日 23:06
フードって、一番身近なことなだけに・・
手作りの人だけでなく、ドライ派の人でもいろんなメーカーさんを
ジプシーしてしまったりとか試行錯誤ですよね!
うちも〜元気で活発で食欲旺盛で・・・・
とりあえずは、今のところは大丈夫かな?と
毎日のうん@チェックはかかしませんよー♪
少しゆるめ?程度の日が今までに2度だけありましたが〜
次のうん@は普通通りに戻ってました(笑
嬉しそうにご飯待ってる姿もバロメーターかな♪
Posted by まーみ at 2006年07月16日 23:35
まずはじめに・・・記事中、誤字や文章がおかしい部分を発見し、訂正いたしました。投稿する前に確認しなければいけないのに・・早くにコメントいただいた方々、申し訳ありません。

**繊細な浮雲さん**
老廃物を排出できる体になること・・は犬に限ってのことではなく私たち人間も同じことなのですよね。体内をクリーンに保つ(CMコピーのようだ・・)ことこそ健康に美しく生きる秘訣!話を難しくすることが全てではない・・と考えを改めました。

**のらのらさん**
あっと言う間の2時間でしたね!私も講演会に行く前は、教祖的な講演だったりして・・なんてことも覚悟していました(笑)基本的なことは実はとても簡単シンプルなことだし、如何に大切なことかを改めて考えさせられました。記事にはしませんでしたが、ドライフードに規制がないって恐ろしいことですよね・・・。
確かにトイプーは膝関節や心臓などなりやすい病気の種類が多いですよね。基本を大切にすることが健康を守ること・・手は抜くなと言うことですな(笑)

**ぷりんママさん**
↑にコメントいただいた「のらのらさん」のブログにとてもわかりやすく記事にされていますが、人間を含めた動物は食事を取らなくても数日は生きていけます。が、酸素と水がないと3日もたずに死んでしまう・・。どの栄養素が必要だとかそういうことの前に、生きていくために必要なものは何か・・?と言うところから考えることがとても新鮮でした。人もワンもいつまでも健康で長生きしたいですからね^^

**CHANELさん**
とても有意義な講演でした。
2時間が20分ほどに感じたくらい^^
結局「食」と「健康」は犬も人間も同じだと言うことを再認識しました。

**まーみさん**
手作り食だと、ワンの体調やうん○チェックは重要になりますよねー^^私も毎日チェックチェックです!多少ゆるめでも元気があればそう気にしてませんし、次には普通の状態に戻ってるし(笑)ねねちゃんもあいびーといい勝負ですね^^ 元気の塊と言うか、タフと言うか・・。喜ぶべきことだけど疲れますよね(笑)
Posted by まりも at 2006年07月17日 01:55
あいびー君ラムカットになってるぅ〜♪とっても似合ってます(^ー^)いい感じ♪「トリミングな気分」も読んできました。素敵なサロン&トリマーさんですね。
手作りフードの良し悪しは獣医さんや周りの人ではなく飼い主さんが決めることだと私も思っています♪食欲もあって運動も沢山しているあいびー君はまさに理想的ですよね♪
今の時期は関東脱出して北海度に住みたい・・・
Posted by マシュゥ&マロン at 2006年07月17日 03:42
ふむふむ、なるほど大変勉強になりましたし、何よりも、まりもさんはやっぱりマジメな方なのね、と今さらながらに感心いたしました。
実は、ワタシのかかりつけの獣医さんのところにゴールデンと柴MIXの2ワンが14年と12年ですが、病気知らずで、ごはんは味噌汁ぶっかけと白い日やご飯がないとドライフードって、とても大雑把な先生ですが、同じ話をされてました。
ふ〜ん、って聞いてたんですが・・・(^^ゞ
まぁ何より、あいびーちゃんのように元気であれば、それが一番ですよね♪
次は、ぜひ人間の即効ダイエット食の講座でもございましたら、ご紹介下さいませ(^^;;
Posted by ちゃあ at 2006年07月17日 14:09
**マロンさん**
ラムカットのあいびー、初お披露目ですね^^
涙やけあとが気になっていたことと古典的な^^プードルカットが好きだったので思い切って顔バリしちゃいました♪出張トリミングは、とても安心できるし楽しかったですよ^^
ワンの食事に関してはその子に合ったものを飼い主が責任を持ってあげられればそれが一番いいと思っています。色んな情報が飛び交い過ぎますよね(笑)
北海道、涼しいですよ〜〜♪いつかマシュゥちゃんと避暑にいらっしゃいませんか?♪♪♪

**ちゃあさん**
まじめな記事をアップさせた甲斐がありました(笑)
気まぐれっぽく始めてしまった手作り食なので今頃になってちょっと不安だったりしてたので今回は面白い話を聞けたなぁと思っています。もちろん、これが絶対正しいとは言いません。「今は」この方法で納得がいった・・ということだけで^^あいびーは家の中でもぴょんぴょん飛び回ってみてると癒されるどころか疲れますわ(笑)パピー時代ってみんなこんな感じなのでしょうかね・・・・ふぅ。
Posted by まりも at 2006年07月18日 00:29
手作り食・・とっても興味あるんです。
私も、須崎恭介先生の本買ったんですが、なかなか始められなくて・・・。
手作り食で涙やけが治った子の事や、ダイエットにもいいみたいなので、是非始めようと思って意気込んでいたんですが・・。
 やはり、マナがパピーの頃通っていた大きい獣医さんとかはドライフードを薦めていました。だから最初は手作り食??って思っていたのですが、いろいろな方のお話伺ってメリットの大きさにビックリしたのです。
私も早く始めなくちゃ・・。
Posted by manyamanya at 2006年07月18日 10:22
こんにちわ。
先日はお疲れ様でした!!
少し多めに作ってその都度温める。
まりもさんが仰ってたようにお野菜・ご飯が
クタクタになって良い感じでした^^
ゴマ油も好きみたいです〜♪

シンプルに簡単に。
本当に私でも出来るって思いました!!
手作り初心者、これからもよろしくお願いします!!
あ、リンクさせてもらっていいですか?
Posted by いさな at 2006年07月18日 11:50
**manyamanyaさん**
須崎先生のお話の結論からいうと・・・こんな簡単でいいんだぁ・・・っていうのが最後の感想です。
私の「手作り食」は、作ってるっていう感覚が無いほどかなり手抜きです・・・。
ただごはんとその時ある肉と余りモノの野菜をたっぷり目の水で煮るだけなので^^
ドライフードのときと比べても手間はかかってません。むしろ、フードをいちいち計って出す方が面倒だったって思ってるくらいです。manyamanyaさんも一度試してみてはいかがですか?楽しくてはまりますよ^^

**いさなさん**
こちらこそお疲れ様でした!
面白い講演会でしたよね。
私の「手作り食」は、きっといさなさんもびっくりのかなり手抜きモノです。
温めて、待ってる間のそわそわしてる姿がかわいいんですよね♪
こ、こんな手抜きおじやなのにそんなに楽しみにしてくれてるのね・・と思うと心苦しくなったりして(笑)
手作りをはじめると、すぐに「変化」が現れますよね。うちは、まずびっくりしたのがおしっこやうん○の量と色と匂い・・かな?フードを食べていたときのそれとはあまりの違いに、しばらく眺めていました(笑)
手作り仲間が増えて嬉しいです♪これからも一緒に頑張りましょうっ!!

あっ、リンク勝手に先に貼らせてもらいました!
こちらこそよろしくお願いいたします♪
Posted by まりも at 2006年07月18日 13:41
な…なるほど〜〜…!!
何だか札幌で行われた講演を一緒に聞いているような、そのぐらい為になるお話でした〜(゜O゜)゛
昔の味噌汁ぶっかけご飯…そうですよね、昔はそれで丈夫に育っていたんだし、皮膚疾患なども少なかったのではないでしょうか。。
そう言われれば、人間だって体内に毒素が溜まると、体に湿疹・ニキビができたり、様々な病気を引き起こしたりしますもの。
そのような毒素などを体外に排出できる体…それが大事なのですね!
それは私も納得できました(^v^)何が正しいのか、ではなくて、自分が納得できる答えがあればそれでいい…私もまりもさん同様、そんな風に考えます^^
Posted by ケンまま at 2006年07月18日 19:50
続けてすみません;
まりもさんにまた新たなバトンを指名させていただきました〜(^^;)
お時間が空いたらでいいので、よかったら受け取ってくださいまし。。
同じ様なバトンを受け取っていたら流しちゃってくださいね^^よろしくお願いいたします〜(^O^;)/☆
Posted by ケンまま at 2006年07月18日 19:55
**ケンままさん**
面白い話でしたぁ。手作り食で健康になってしまうと、獣医さんもペットフード業界も商売上がったりなのに・・と思いながら聞いてました(笑) 「食」について・・というより、体をクリーンに保つためにはまず何が必要なのかって言う話で、考えてみれば当たり前のことなのですよね。いかに私たちの周りには惑わされる情報が溢れているか・・ということにも気づかされました。
昔、おばあちゃんの家で飼われていたワンも(雑種だったけど)「味噌汁ごはん」に魚の骨とか余ったおかずとかを食べていたけど病気知らずでした。たまねぎとかも平気で入ってたと思う・・^^;;あれが良いこれはだめというのは全ては飼い主自信が決めることなのですよね。

☆バトン、了解しました♪ ドキドキ・・・。これからケンままさんのバトンを覗きに行きまぁ〜す♪
Posted by まりも at 2006年07月19日 10:42
講演会に行かれたのね、、
私は須崎先生のメールマガジンを
愛読してるのよ〜
とっても
うなずける事が沢山書いてあって、
勉強に成ります〜
手作り食
一緒に頑張りましょうね!
Posted by naocom at 2006年07月19日 12:42
**naocomさん**
講演会、楽しかったです〜。
難しい話は抜きで、私にもわかりやすい内容で^^
メールマガジン、遅ればせながら今日私も登録してみました。
naocomさんもフランちゃんに手作り食を作ってあげているのですね♪
須崎先生の本の通りだと、簡単にできますね。
私は難しいことは苦手なので^^お手軽にできるおじやがお気に入りです。
フランちゃんのアレルギー、手作り食で良くなるといいなぁ。
Posted by まりも at 2006年07月19日 22:18
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/376272
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック