2007年05月05日

コミュニケーション

ちょっと遅くなってしまいましたが、先日行われた Paw'er による
第一回レクチャールームについて、私なりに理解できたことをアップしようと思います。

まず、Paw'erとは、
あいびーのトリミングでお世話になっている出張トリマーののらのらさん
あいびーの出張トレーニングでお世話になっているドッグトレーナーそのっち先生
動物看護の経験もあるフリートリマーのさっちんさん
の最強トリオで結成されたレクチャールームです。

4月30日、第一回レクチャールームが開催され、
共生日記いさなさんと一緒にドキドキしながら参加して参りました。
第一回レクチャーのタイトルは「コミュニケーション」です。

まず、のらのらさんによる熱い講義から始まりましたexclamation

「コミュニケーション」をとるとはどういうことでしょうか?
愛犬と遊ぶこと、おすわりや伏せや待てができること、いつも側にいること・・等
色々あるでしょう。
愛犬と触れ合うときに大切なことは、

「飼い主は、

  愛犬のメッセージを聞いているか?

飼い主は、

 愛犬にわかるように
  
  メッセージを伝えているか?」


ということなのです。

飼い主が愛犬のメッセージを正しく理解できないと
飼い主が考えるコミュケーションは一方的なものになってしまいます。

例えば・・・のらのらさんが熱く語っている間、
室内の片隅にはそのっち先生の愛犬たち4頭がバリケンに入って待機していました。
内1頭は、まだ1歳に満たないボーダーコリー♀のパピー・月楠(つくし)ちゃんです。
彼らは、待機中バリケンをガタガタしたり吠えたり等一切ありません。
みんなそれぞれバリケンの中でのんびりくつろいでいらっしゃいました。

しかし、一般に飼い主は犬をバリケンに入れることをかわいそうと思ってしまう。
このちょっとした人間の「感情」の持ち様で、飼い主の勘違い・思い込みによるコミュニケーション不足が起こりうるのです。

コミュニケーション不足が発展すると、犬に過剰なストレスを与えることになり
過剰なストレスは、飼い主を悩ます問題行動へと発展していくのです。

愛犬に表れる問題行動(まで行かなくても飼い主が感じる愛犬のちょっと困ったところ)
は、どうしたら良いのでしょう。

多くは「躾」によって解決しましょう・・と言うことになるでしょう。

では、「躾」とは何ぞや?何のために犬に「躾」するのか?
ずっと出張トレーニングを受けているまりも家ですが、この問いに戸惑ってしまうワタクシ。
目的は色々あれど、根本は愛犬とのコミュニケーションを取れる飼い主になるため
だと思うのです。

コミュニケーションの取り方は、犬種にも個体差にもよって違ってきます。
「犬種」とは、人間が必要に応じて作ったもの。
その「犬種」の特性と得手・不得手を人間が正しく理解すること
又、その犬の性格を正しく見極め、正しく接すること
ができれば何も難しいことはないのです。

そして、飼い主が勘違いしないこと。
むやみに「かわいそう」という感情によって中途半端にしないことが大切なんです。
飼い主の「我慢」がキーワードにもなってくるのです。

例えば・・・のらのらさんの熱いお話の後、
いよいよそのっち先生の愛犬が登場です。
まず、コーギー♀の胡桃(くるみ)ちゃんがバリケンから颯爽と登場。
そのっち先生は他3頭が入っているバリケンの前に座り胡桃ちゃんとおもちゃで遊びます。
その間、バリに入っている3頭の犬たちはバタバタするでもなく泣きも入らず
平常心でじっとしていらっしゃる・・・。

胡桃ちゃんとのおもちゃ遊びを一時中断し、バリケンから今度は
ボーダーコリー♂の羽流(うりゅう)くんが華麗に登場。
羽流くん、バリから出てきたと思ったらそのっち先生が無情にも
ダウン→ステイの指令・・・。
羽流くんがステイしている目の前で、そのっち先生は再び胡桃ちゃんとおもちゃ遊びをします。
その時の羽流くんの待ち姿はと言うと・・・至って平常。
たまにおもちゃに興じる胡桃ちゃんをちら見するも
基本的にそのっち先生に熱い視線を投げかけています。

ほどなく、今度は胡桃ちゃんに ダウン→ステイの指令が。
そして解放された羽流くん、おもちゃにはぐはぐ・ラブラブで遊びます。
胡桃ちゃんが遊んでいる間、冷静にステイできていた羽流くん。
(もちろん年齢的な落ち着きもありましょう。因みに5歳・男前。)
それは、胡桃ちゃんが遊んだ後かいつの日か・・
必ずそのっち先生遊んでもらえることを知っているからなのですね。

若しくは、今遊んでもらえずそのまま「ハウス」の指令が与えられても
きっと普通にバリに戻ることでしょう。

羽流くんの凛々しいステイ姿は、飼い主そのっち先生との
強い信頼関係を感じました。

次に・・羽流くんの前に食べ物(フード系)を置き、ステイ。
そのっち先生が退室するも、変わらず凛々しくステイの羽流くん。

おもちゃで遊ぶ他犬を前にした「ステイ」

              

食べ物を前にした「ステイ」

同じ「ステイ」ですが、多くの飼い主は

前者かわいそう

後者エライ!と思ってしまう。

ここで無意識に人間の感情が2種類の「ステイ」にしてしまうのです。
これは、犬を大いに混乱させてしまう要因の一つになるのです。
犬たちは、人間が思う以上に人間の感情の動きに敏感なのです。

そのっち先生と愛犬たちとの強い信頼関係はどうやって築かれて行ったのか・・?
実はそのっち先生と愛犬たちはディスクやアジリティーをたしなみ、
その腕前は超プロ級。
ディスクやアジをする犬たちが特別なのか、それともそのっち先生がドッグトレーナーだから愛犬たちがスーパードッグになるのか??
そのっち先生も私達と同じいち飼い主です。
犬種は違えど、我が家のやんちゃ坊主あいびーも
羽流くんや胡桃ちゃんと同じ「犬」なのですよ・・・。

何が違うのか・・・??


前述の

「飼い主は、

  愛犬のメッセージを聞いているか?

飼い主は、

 愛犬にわかるように
  
  メッセージを伝えているか?」



の違いなのですね。

犬にわかりやすく「NO」(だめ)を伝えることがとても大切なのです。
してはいけないことをしっかりと叱る。そして「GOOD」。
しっかりと「NO」を伝えてこそ「GOOD」がより嬉しいものになるのです。

もちろん、その犬の性格により「叱る」行為が適切でない場合もあるでしょう。
自分の愛犬をよく観察し、愛犬の性格を理解し、毎日の生活の中で
愛犬に合った方法で「NO」を伝え、「GOOD」で解放してあげる。


これが、飼い主と愛犬のコミュニケーションの第一歩なのですね。


以上・・言葉足らずですが私なりに理解できたものをまとめてみました。

こちらも参照してください 右 banaapawer.jpg

【がんばれ!飼い主の最新記事】
ニックネーム まりも at 22:55| Comment(29) | TrackBack(0) | がんばれ!飼い主 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ふんふん、ほほぉ〜、そうなんだよねぇー」と
始終ブツブツパソコンの前に向かって呪文のように唱えておりました(笑)
頭では分かっているのですが、なかなか難しい_| ̄|○
何が難しいって、本当に自分はmocoの気持ちをキャッチできているのか?それを確かめる術がなく結果中途半端になっているのでは??と疑問に思うことが多々あります。
頑張ってキャッチしているつもりでも、何となく「つもり」になっている…そんな気がするんですね。
特にmocoは表現が乏しい(少なくとも自分が見ている限り)気がするので、尻尾の状態や瞳の輝き、耳の動きや声、姿勢を見ても「…うーむ」と思う次第でございまして。
mocoに合う躾の仕方、まだまだ模索中の日々でございます。
…ってすっごいまとまりのないコメントで申し訳ない!(これを秘儀・まとまりナシ返しということで/笑)
Posted by 浮雲 at 2007年05月06日 00:19
難しいです・・・本当に。
うららのワンギャン
REONのストレス下記ストレスピー
時々、「もういい加減して〜」と叫びたくなります。
こんな愛しているのに何故、と言う想いで情けなくなり腹も立ち・・・

でも上手く伝わっていないんですよね・・・
うららにはワンギャンしなくても、私が大事に想っていること。
REONには、私がいつもいつもREONを想っていること。
これが上手く伝わらないから、喚いて訴える。ストレス描きピーで訴える。
だけど私には上手く伝えられない。
本当にどうしたらいいの?って思います
Posted by REON&うららママ at 2007年05月06日 07:49
ほうほう、なるほど。
と読み進めるうちに・・・
良く考えれば子供がはいはいから立っちに、そして感情を表し始める頃の躾とほぼ同じですね。
と言いますか、家ではワンコの躾本とかは何を信じて良いか分からず子供と一緒でしょ的な躾をしてました。
ただ寝るのや普段の生活まで子供と一緒でしょをしてるのでハウスも躾てないですが( ̄ー ̄;
子供でもワンコでも感情の勘違いはありがちですね。
そして優しいと甘いのはき違えや厳しいと感情的になることをコントロール出来ないと難しいと思います。
以上、言葉足らず返しで( ̄▽ ̄;)
Posted by ちゃあ at 2007年05月06日 10:33
まりもさん、お久しぶりです♪
と〜っても興味深く読ませていただきました!
すごい…!!の一言です顔(え〜ん)ぴかぴか(新しい)
私が悩んでいた答えがここにあるような…そんな感じです。
どうやったらケン太との信頼関係が、完璧なものになるのか。
これにはずっと悩まされてきましたが、結局は飼い主がどれだけ愛犬に気持ちを伝えられるか、なんですよね。
私はまだまだ。ケン太を見ていればよくわかります〜顔(汗)
まりもさんはこんなにもあいびー君の為に一生懸命なんですものね。
きっと強い信頼関係が築けるはずです!!
私も頑張らなきゃ〜パンチexclamation×2
Posted by ケンまま at 2007年05月06日 19:41
お久しぶりです〜
私も参加したかったんですが仕事のため断念。
コミュニケーション、うちは取れていないような気がします。
おいでって呼んでも来ないしね。もみじは。
カワイイカワイイでダラダラとすごしてきたような気もします。
うちもこれからトレーニング開始です!
お金かかってたらきっと頑張れます(笑)
Posted by とも at 2007年05月06日 23:42
まりもさん、ご訪問ありがとうございました四葉
そして、セミナーお疲れ様でした。
たいへんお上手に記事にしていて驚きました。
私も擬人化している部分が多々あるな〜と思い参加しておりました(汗)
また機会があったらお会いしたいですね。
あいびーさんはのらのらさんのブログで拝見していましたが、こちらのあいびーさんはまた表情が違い、とっても生き生きステキな写真たち!
うれしくなっちゃいました♪
この顔を見る限り、まりもさんはダメダメ飼い主なんかじゃありませんよGood
Posted by SAKICO at 2007年05月06日 23:51
先日はレクチャーのご参加していただきありがとうございます。
機関銃のように話した内容をこんなにも適切に分かりやすくまとめている
文章を読んで感動ぴかぴか(新しい)
伝えたいことが分かっていただいているのか不安でしたが、この記事を
読んで安心しました。
ダメな飼い主なんていませんよ!
完璧な飼い主さんもいません。
大切なのはお互いの理解だと思います。
ちょっと心配していたトリミングだって今では大人しくできるよう
になったではありませんかっ!
確実にあいびー君にまりもさんのメッセージは伝わっていると思いますよ。
リビングでソファーに腰掛けながらゆっくりとトリミングが見れるようになるまで
がんばりましょうね〜(笑)
Posted by のらのら at 2007年05月07日 13:05
野球 浮雲さん

うちも同じです。まさに今私があいびーとの関係の「壁」になっている部分が、この日のお話の内容そのものなのですよ。犬の性格を見極めるって、本当に難しい。言葉を持たない彼らは「ボディランゲージ」という方法で私達にサインを送っているのでしょうが、私達が「ボディ〜」を知っていないと一方通行になってしまいますものね。こればっかりは一緒に生活する飼い主の力量と言いますか努力と言いますか・・。犬は常に飼い主を試している・・そうです。こちらが曖昧にしてしまうと犬はどんどん我が道を突き進んでしまうのでしょうね。と、更にわけわからん返しになってしまいました・・顔(汗) Paw'erの次回レクチャーのテーマは「ボディランゲージ」だそうなので、ねじりハチマキをして参加しようと思います。乞うご期待!
Posted by まりも at 2007年05月07日 13:19
勉強させてもらいました。
確かに、躾としてびいなに散歩の仕方や、
待てを何とか身につけて欲しいとばかり思って、
いろいろと試してみましたが、
びいなの気持ちをキャッチしようとすることは
いま不足している現状なのかもしれません。
もう一つ真剣に時間をかけてびいなとのコミュニケーションを
進められるようなチャンスがありましたら
是非参加してみようと思いますGood
あいびー君はしあわせワンコだね揺れるハート
Posted by びいなのママ at 2007年05月07日 20:52
野球 REON&うららママさん

コミュニケーションをとるって人間同士でも難しいことがありますからね。人間同様犬にとってもストレスのない生活はありえないんです。愛犬のストレスを人間がどう対応できるか?が鍵ですね・・。犬は理屈や理由じゃわかってもらえないですから、人間が犬に伝えられることは限られてくると思うのです。してはいけないこと、しなければいけない(して欲しい)ことを犬に解るように伝えてあげなくてはいけないんですね。その犬の性格により、伝え方は様々あるのはわかりますが、肝心の「その犬の性格にあった伝え方」が曖昧だと一方通行になってしまう・・。全ての飼い主さんの共通の悩みがここなのでしょうね。
Posted by まりも at 2007年05月07日 21:50
野球 ちゃあさん

仰ること、とてもよくわかります。相手に何かを伝えたい・教えたいときは、まず相手に合った伝え方・教え方で・・は基本ですよね。まずは相手を良く知ることがとても大切だと言う事は、相手が人間でも犬でも同じことなんですね。やんちゃ坊主に手を焼く私にとっては耳が痛いです・・。とは言っても決して難しいことではないとは思います。最初から完璧にできる人も犬もいないですから^^
Posted by まりも at 2007年05月07日 22:05
野球 ケンままさん

お帰りなさい〜^^
犬に何かを伝えたいとき・・犬は理屈や理由はわからないでしょうから、犬に伝えられることって限られてくるんですね。犬に対してはどうして「NO」なのか?は重要じゃなくて「NO」は「NO」。これだけなんだけど、肝心なのはその「NO」の伝え方なんですね。わかっちゃいるけどわからない〜顔(汗) 信頼関係は結果を急がず、犬の成長と共に色んな発見をしながら築いていくものなのかもしれませんね。
Posted by まりも at 2007年05月07日 22:25
野球 ともさん

お久しぶりです〜^^
とても盛りだくさんなレクチャールームでした!コミュニケーションをとるって、一緒に遊んだり側にいることではなくて愛犬のことをよく知って始まるものなんだぁ・・という事がわかっただけでも収穫でした。うちも勿論まだまだ一方通行ですぅ。日々あいびーに隙を突かれてますから(笑)ハルくんともみじちゃんもいよいよトレーニングが始まるのですね!一緒にがんばりましょ〜〜
Posted by まりも at 2007年05月07日 22:37
野球 SAKICOさん

来て頂いてありがとうございます。
私の拙い文章でどれだけ表現できるか微妙ですが顔(汗) 我が犬に対して理解不能な部分はどうしても人間の都合で片付けてしまっているところがあります。だから「何でわかってくれないの〜もうやだ〜(悲しい顔)」ってことになっちゃうんですね。御覧の通りのやんちゃ小僧で、日々私の隙を突いてイタズラしてくれますよ・・。まぁ、彼なりに理由があってのことなのでしょう(笑)今度SAKICOさんをお見かけした暁には勇気を持って声をかけさせていただきますね^^
Posted by まりも at 2007年05月07日 22:54
野球 のらのらさん

先日はお疲れ様でした。レクチャールームに参加されたみなさんが仰る通り、とても核心を突くお話の数々・・。それにとても楽しくてあっと言う間に時間が経ってしまいました。「コミュニケーション」のお話は、是非みなさんにも知ってもらいたい!と思い、必死に記事にしてみました(笑)しかし・・私の拙い文章ではうまく表現できないところもあり、文章で伝えるって難しいですたらーっ(汗)
※改めて読み返してみると「コミュニケーション不足からくる過剰なストレス〜躾」の部分、解釈が違ってますよねたらーっ(汗) 大切なことなので後日訂正します・・あせあせ(飛び散る汗)
仰る通り、トレーニングを始めてからのあいびーは、以前は「ストレス」に感じていたことがいつの間にか「普通にできること」に進化している今日この頃です。私のような素人飼い主では到底、自分の犬に合った伝え方を見極めることは不可能なこと。わからないことはプロに聞くのが安心確実。我が家では犬服やアクセサリーを買うくらいならトレーニングを1回増やせ!トリミングの足しにしろ!が合言葉ですあせあせ(飛び散る汗)
Posted by まりも at 2007年05月07日 23:25
野球 びいなのママさん

お久しぶりです^^
愛犬とコミュニケーションが取れていないかも・・という思いは飼い主のみなさん共通の悩みなのかもしれませんね。犬のメッセージを読み取る努力が必要なのだと痛感致しました。マニュアル通りにいかないのが当たり前なのかもしれません。犬の性格も色々。愛犬の性格を理解して愛犬に合った方法で「NO」を伝えることができる飼い主にならないといけませんね(耳が痛いあせあせ(飛び散る汗)
Posted by まりも at 2007年05月07日 23:41
まりもさん、リンクさせていただいてよろしいですか?
今リンク作業をしていてとりあえずさせていただいちゃいました顔(イヒヒ)
不都合がございましたらお手数ですがご一報いただければと思います。
よろしくお願い致します。
Posted by SAKICO at 2007年05月08日 01:23
野球 SAKICOさん

了解で〜す。不都合はありません顔(イヒヒ)私も「わんこのきもち」HPとブログ、リンクさせていただきますね〜。
Posted by まりも at 2007年05月08日 17:01
まりもさんご無沙汰してます。
こんにちわるんるん

とてもわかりやすい文章でなるほどと
思いながら読ませていただきました。
私も日々ぷりんやチョコラとの
接し方や、暮らし方に試行錯誤しながら
生活しています。
時々念力を送ってみたりして・・わーい(嬉しい顔)
全てとはいかないまでも、すこしづつ
自分なりに学んでいけたらなと思います。
なんてったて大切な家族ですからexclamation
まりもさんありがとう。
Posted by ぷりんママ at 2007年05月08日 17:17
野球 ぷりんママさん

こちらこそ、ご無沙汰しておりますあせあせ(飛び散る汗)
ペット、特に愛犬は人間の生活に深く入り込んでくる存在ですものね。飼い主の生活パターンも色々・犬たちの性格も色々で、躾もなかなかマニュアル通りにはいかないことも多いと思います。信頼関係ってぷりんママさんが仰る通りで日々色んな発見をしつつ試行錯誤して築いていくものなのかもしれませんねー。何だか人間関係の構築と同じですね^^
Posted by まりも at 2007年05月09日 17:23
こんにちは
興味深く考えさせる文章ありがとうございます。
頭でわかっていてもなかなか難しいです。
「どうしてできないのか?」
「自分が悪いのか?」
が常に脅迫観念のように付きまといます。
「どうしたらいい関係がきずけるのか?」
しかし、子供や家事に追われていると
やはり、ワンコが最後になっているのかも・・・
難しいです。
Posted by みんみん at 2007年05月10日 06:32
野球 みんみんママさん

超亀レスでごめんなさい〜〜あせあせ(飛び散る汗)
愛犬と飼い主の信頼関係の構築は時間と根気が必要ですよね・・。まず飼い主が愛犬をよく知ること・観ることからなのでしょうが、飼い主の思い込みとか観るところがずれていたりすると一方通行になっちゃうんですね。我が家はそれの繰り返しですよー。一番厄介なのが「飼い主の思い込み」なのかもしれません・・・。
主婦って本当に細々と仕事がありますものね。たとえ少ししか愛犬と接することができなくてもそのライフスタイルに愛犬がストレスを感じないように「教える」ことが大切なのでしょうね。でも、ついつい「可愛そう・・」なんて中途半端にしてしまうダメ飼い主・・それは私ですたらーっ(汗)
Posted by まりも at 2007年05月27日 00:30
昨日はどうもありがとうございました!
&お疲れさまでした!!
とても有意義でそしてとっても楽しいひとときでした^^
またお会いできる日を楽しみにしています☆
アイビーくんにも会いたい!!

ブログの方リンクさせていただきたいのですが、よろしいでしょうか?
今後ともよろしくお願いします顔(メロメロ)
Posted by もりこ at 2007年05月28日 13:29
浮気がばれました。さようなら
Posted by ぷどる3 at 2007年05月29日 04:10
野球 もりこさん

先日は、ありがとうございました〜exclamation
こちらこそ、とても楽しかったです。しかも家まで送っていただいてあせあせ(飛び散る汗) 今度是非ちゅうちゃんも一緒にお会いしたいですぅ〜黒ハート うちの暴れ犬も是非見ていただきたいです顔(イヒヒ)
Posted by まりも at 2007年05月29日 19:42
こんばんわ〜^^
先日はお疲れ様でした&小汚い我が家に
来てくださってありがとうございました!

今回のレクチャーも目からウロコ状態でしたね〜♪
我が子は観察しやすい耳と尻尾を持っているのに飼い主ときたら、、、(汗

次回はアイビー君と御対面できるかしら?
楽しみにしてます!
Posted by いさな at 2007年05月30日 00:26
野球 いさなさん

亀亀レスでごめんなさい・・あせあせ(飛び散る汗)
可愛い凛ちゃんにちょっとでも会えて嬉しかったですよ〜。きっとあの笑顔で新しいご家族にたくさん可愛がられているんだろうなぁ・・。いさなさん、本当にお疲れ様でした。辛い環境で人を怖がるようになってしまった犬を、再び人間への信頼を取り戻すリハビリは苦労も多かったでしょう・・。凛ちゃんの笑顔が全てを物語っていますね。凛ちゃんのこれからが楽しみです。
Posted by まりも at 2007年06月13日 12:52
まりもさん、ものすごくご無沙汰していますが、お元気ですか〜?Ivyくんの教育にお忙しいのかな?と思いつつ、更新がないとさみしくて…たらーっ(汗)

ルディはもうすぐ10カ月になります。

また元気いっぱいのIvyくんの姿をブログで見るのを楽しみにしていますねexclamation
Posted by サツキ at 2007年06月28日 17:26
野球 サツキさん

ごねんなさいね〜〜〜、長らくブログを放置してしまったあせあせ(飛び散る汗) あいびーは相変わらず無駄に元気ですよ犬(足) ルディくんの様子はいつもこっそり覗いていました。こちらは暑さも1段落と言うことで、数ヶ月ぶりに更新してみたので、また遊びにきてくださいね〜。ありがとうございます。
Posted by まりも at 2007年08月28日 13:29
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/833143
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック