2007年10月17日

愛犬が年老いた時のために

先日、北海道大学酪農学園大学による市民公開講座がありました。

テーマは「老犬とのかしこい暮らし方」

「臨床現場から見た老犬との暮らし方」
「行動の変化を見過ごさないで!」
「最期まで悔いなく共に生きるには---動物医療の立場から---」

の3つの講義がありました。



現在1歳9ヶ月の元気盛りなあいびーには「老犬」という言葉は遥かかなたの話

のように感じるけど、あと10年もしないうちにシニアの仲間入り。

来るその時のために・・・という立場でまとめてみます。

ivy1.jpg


日本では20年前まで「老犬」「老犬の介護」という概念が無かった。

昔は「犬は外で飼う」ことが多く、年を取る前に病気などで死んで行く

ケースがほとんどだった。

今はペット事情も変わってきて「犬は室内で飼う」ようになってきて

環境も良く、病気などは早期発見・治療できるようになってきた。

当然、犬たちの寿命も延びる。

この10〜20年の話なのだから「老犬」や「老犬の介護」の歴史は浅い。



それぞれの犬種・体の大きさでライフステージが違う。

一般に小型犬は10歳からが老犬期に入ると言われている。

犬の「老い」は人間のそれとは違ってとても早いのだ・・・。

快適な老犬生活を送るため、当たり前のようではあるけど

太らせないこと

食べる物に気を使うこと(体に良い食べ物)

運動不足にしないこと

大きくこの3つが大切。


我が家の場合、あいびーは1歳直前に去勢をしました。

去勢前は痩せ過ぎが気になって一口でも多くが毎日の目標だったけど

やはり去勢後は、以前に比べてとても太りやすくなったみたいです。

今まで隠していた訳ではありませんが・・・只今、体重6`ジャスト爆弾

体を触っても背骨は感じるし、ウエストもくびれているので

肥満では無いけど、体重管理には気をつけなければなりません・・。

食餌は、ずっと須崎先生推奨の手作りおじやを続行中です。

最近はこのおじやに加えて生肉(主に馬)もあげるようにしました。

散歩は決まった時間にはできないけど、1日2回以上を目標にしています。

特に気を使っている点はないのですが、無理なくずーっと続けていって

これらの積み重ねの成果が表れるのは数年後・・・。

食べ物に気を使い、運動不足にしないことに気をつけていれば太りませんね。


これに加えて、定期的な健康診断!!

我が家では今のところ、毎年のフィラリアの薬を貰うときの血液検査で

ついでに腎臓・肝臓の検査もしてもらいました。

来年からも続けて行こうと思っています。が・・・、

もっと精密な検査が良いのかもしれませんね。年1回のドッグドックとか。



犬種によって罹りやすい病気を把握しておくことも大切ですね。

トイプードルで言うと・・・トイプードルはとってもデリケートな犬だと思います。

頻繁な繁殖による遺伝的な病気も多いですし・・・・。

もちろん病院に行けば治療してもらえますが、飼い主の立場でも

それらの病気・治療法などの知識も必要になってくると思うのです。

獣医師から説明を受けるとき、より深い理解が得られるし・・・。


毎日の生活や成長過程での愛犬の体質も飼い主がしっかり把握しておくことも

重要だと感じました。


そして、来る老犬期を快適に過ごすには・・・・?

ニックネーム まりも at 02:08| Comment(16) | TrackBack(0) | 飼い主の心得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする